『娘への絵手紙 』


●著:小林 勇
●本体1800円+税

 父から娘に送った絵手紙集。
 岩波書店の元会長で名随筆家だった冬青小林勇が渡米中の娘に送った絵手紙60余通。そこには鎌倉冬青庵の四季が色鮮やかに描かれ、短い文に父の深い情愛が滲む。娘が綴った「父の思い出」も収載。

 

◆品切れ重版未定◆

 谷川俊太郎氏 推薦
絵を楽しみながら、私は絵を超えるものを感じていた。口数少ない手紙に感動しながら、私は言葉以上のものを読んでいた。この本の中にいるあいだ、私はずっと幸せだった。父娘の情愛をこんなにも美しい形で残してくれた勇さん、ありがとう。