『クラシックを聴くと良い子が育つ』


岡崎ゆみ 著
● 本体1429円+税
● 四六上製
● 2005年10月31日発行
●ISBN 4-86119-039-8 C0073Y1429E

「名曲は子供たちの心の栄養になっている!」
妊婦と乳幼児のためのコンサートを続けてきた著者が綴る 体験的「子供と音楽」論。名曲CD付
※品切れ重版未定

 付録CDの収録曲
演奏 ピアノ・岡崎ゆみ ヴァイオリン・長原幸太
1.ショパン 英雄ポロネーズ
2. ショパン 子猫のワルツ
3. モンティ チャールダーシュ
4. エルガー 愛の挨拶
5. J.シュトラウス ラデツキー行進曲 
6. クライスラー 愛の悲しみ
7. クライスラー 愛の喜び
8. マスネー タイスの瞑想曲
9. サラサーテ チゴイネルワイゼン
10. リスト ラ・カンパネラ

 著者紹介
岡崎ゆみ(ピアノ)
 東京藝術大学卒業、同大学院修了。1983年ハンガリー政府給費留学試験に最優秀で合格し、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。1986年朝日新聞主宰第5回「新人音楽コンクール」ピアノ部門に優勝。文部大臣賞を受賞。テレビ・ラジオ番組で司会を務めるなど多方面で活躍。幼児のためのコンサート活動にも熱心で、高い実力の演奏に楽しさを加えたコンサートスタイルが人気を博している。CDは『ワルツな夜に』『0才まえのコンサート』『子守歌』『音符物語』等。

長原幸太(ヴァイオリン)
 東京藝術大学、ジュリアード音楽院に学ぶ。第6回ヴィニエアフスキー国際ヴァイオリンコンクール(17歳以下の部)第3位(13歳当時)。第67回日本音楽コンクール最年少優勝。レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞、東京藝術大学より福島賞等、受賞多数。ソロリサイタルのほかに、各交響楽団、小沢征爾、岩城宏之、井上道義、秋山和慶、その他の指揮者と共演。