『わが子と心が通うとき』



 

●著者 松本純(親業訓練インストラクター)
●対談 松本純/司馬理英子(医学博士)
● 本体1600円+税
260頁 ソフトカバー
● 2000年4月5日発行
●ISBN 4-900708-66-6 C0037 Y1600E

 息子との親子関係に悩み続け、ある時、ゴードン博士の「親業」(おやぎょう)と出会ってわが子と心の通い合う道を見つけた母親の子育て記。「親業訓練講座」の成功体験例として「筑紫哲也NEWS 23」に親子で出演した、著者、松本純さんの苦難の子育て記。
 「のび太・ジャイアン症候群」の著者、司馬理英子さんとの対談も収録。

※品切れ重版未定

 親業とは
親業
  親業とは、「子育て」というものを親の責任のある一つの重要な職業として捉えること。従来の子育ての中では、「子供がいかに育つか」と子供ばかり重点が置かれていたのに対して「子供が育つ上で親がいかに関わるか」という親の側に焦点を当てて子育てを見直すことに特徴がある。ゴードン博士が創案。

親業訓練講座
 親業を効果的に果たすため、子育てに悩む親を指導する。全国に親業訓練インストラクターは約500名いる。


 著者紹介
松本 純 (まつもとじゅん)
 1951年東京生まれ、慶應義塾大学経済学部卒、結婚後91〜96年まで米国シアトルに移り住む。2児の母、現在、親業訓練インストラクターとして子育てに悩む母親達を支援している。




関連商品

【ビデオ】ADHD注意欠陥・多動性障害〜その基礎知識と対応法〜
●税込 4725円(本体4500円) ●監修/司馬理英子(医学博士)

ADHDとの正しいつき合い方を教えてくれるビデオ
 アメリカではADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供が200万人もいるといわれ、その治療・研究が進んでいる。 日本ではやっと知られ始めたばかり。ADHDの子供や親と日々接する司馬理英子医師の治療の実際、 ADHDの基礎知識、学校の先生の指導・対応、アメリカでの状況などを紹介すると同時に、 診断のためのチェックリストや診療機関などの情報も収録したビデオ。(50分)