『大人になったピーター・パン―言語力と社会力』



門脇厚司(筑波学院大学初代学長)
 田島信元(白百合女子大学教授)

●本体1800円+税 ● 2006年11月24日発売
●四六判 ソフトカバー336頁 ●ISBN4-86119-070-3

 
ラボ・パーティ発足40周年/ラボ国際交流35周年記念出版!
本書は、貴重なデータをもとに書かれた本である。今日のわが国の教育について真剣に考え、いい答えを見出そうとしている方々にとって、またとない資料および証言として役立つはずである。(「まえがき」より)―門脇厚司

ことばがこどもの未来をつくる―ラボ教育成果調査研究報告―
私たちを容易に外国語が飛び交う空想の世界へと導くために熟考
されたライブラリー(教材)と、それを実行に移していく各パーティ
(教室)のノウ・八ウは、まさに国民的な財産といえるかもしれない。
(「本文」より)―田島信元
※品切れ重版未定
 

 目次

まえがき 門脇厚司

第一章 社会力をはぐくみ育てるラボ教育活動 ―人との交わりが人をつくる―
    門脇厚司

第二章 ことばと心をはぐくむラボ・パーティ活動
    ―発遠心理学からみた外国語習得と社会力育成に貢献するラボ・システムの分析―
    田島信元

第三章 ラボ活動が青少年の未来を拓く―「ラボ靭奄円成運不調査研究」報告―
    田島信元

第四章 あなたにとってラボとは何であったのか ―ラボOB・OGインタビュー―

あとがき 田島信元


 著者紹介

門脇厚司(かどわき・あつし)
子どもと若者の居場所づくりに情熱を傾ける教育社会学者
筑波学院大学初代学長。筑波大学名誉教授。財団法人ラボ国際交流センター理事。専攻は教育社会学。1940年生まれ。山形県立鶴岡南高校卒業。東京教育大学大学院教育学研究科博士課程修了。東京教育大学助教授、筑波大学教授、同人間芋類長、同数青学系長、日本教
育社会学会会長などを歴任。日本の若者や子どもの、人間形成過程に関する研究を行うかたわら、学校づくり、遊び場づくり、地域づくりなどにも積極的に参画。主な著書に『子どもの社会力』『〈大人〉の条件−『社会力』を
問う』『学校の社会力』『親と子の社会力』『社会力再興』『社会力と共生』等。

 
田島信元(たじま・のぶもと)
子どもの成長をフィールドワークを通して見つめる心理学者
白百合女子大学教授、東京外国語大学名誉教授。財団法人ラボ国際交流センター評議員。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。専攻は発達心理学。1946年生まれ。博士(人間科学)。北海道大学教育学部附属乳幼児発達臨床センター(北大幼児園)にて研究のため、10年間子どもたちの保育にあたるとともに、日本国内および海外のさまざまな幼児教育プログラムを検討。乳幼児の発達についての研究を長年続ける。主な著書に『子どもの発達心理学』『育つ力と育てる力』『小学生のわが子を英語好きにする本』等。