<<CDブックシリーズ>>『今語る あの時 あの歌 小椋佳』



interview&text 前山聿志
●本体1905円+税
● 2006年7月1日発売
●A5判上製 168頁
●ISBN 4-86119-059-2

幼き日の父母のこと、初恋、学生時代の自分、歌創りへの思い、癌の発覚、そして還暦……。35年以上の創作活動を経て今語られる「あの時、あの歌」。
<<編集長のメッセージ>>
 この本は、70年代の日本のポップス黄金時代を作ったミュージシャンたちのこれまでの歩みをインタビュー構成でまとめ、代表曲を収めたCDをつけたCDブック・シリーズの第一弾です。
ライターの前山氏は小椋さんを最もよく知るジャーナリストで、音楽プロデューサーでもあります。
還暦を迎えた小椋佳さんの知られざる一面、貴重な写真も収められたこれまでにない企画です。この本を読んでCDに収められた歌を聴くと、今までと違って聴こえてくると思います。

 CDに代表曲8曲を収録
1)しおさいの詩
2)あなたが美しいのは
3) あなたのような人がいるから
4) 夢積み上げて
5) I Love You
6) シクラメンのかほり
7) 愛燦燦
8)さらば青春


 著者プロフィール
前山 聿志(まえやま のぶゆき)
1945年10月20日、東京生まれ。
法政大学法学部法律学科を卒業後、音楽之友社に。週刊FM編集長としてマドンナ、スティング、フリオ・イグレシアスなど数多くの海外アーティストを取材。同時に小椋佳、さだまさしといった国内アーティストたちとも親交を深める。その後フリーとなり、小椋佳35周年記念「ベストアルバム」等を企画プロデュース。編著に「さだまさしのセイヤング 赤本・青本」(音楽之友社)、「小椋佳CD全集〜折節の想い」(ユーキャン出版局)など。

■こちらからご注文下さい
タイトル
税抜価格
ご注文数
 今語る あの時 あの歌 小椋佳
1905円

(半角数字で入力して下さい)



 CDブックシリーズ
今語る あの時 あの歌
小椋佳
今語る あの時 あの歌
南こうせつ
―旅の7章―
今語る あの時 あの歌
きたやまおさむ
―ザ・フォーク・クル
セダーズから還暦まで―
今語る あの時 あの歌
イルカ