京の絵本シリーズ


●監修・梅原猛
●全10巻
●各巻 本体1800円+税
●上村松篁装画特装ケース入り・10巻セット 定価20000円+税
一流の日本画家が初めて描いた歴史絵本シリーズ!朝日新聞「天声人語」他各紙で絶賛!本格的日本画家を起用した歴史絵本シリーズは、出版界で長く待望されてきました。平安建都1200年の節目に待望の企画は実現しました。文章も児童文学の世界で活躍する新鋭10人の手になる力作ぞろい。外国の読者のために各ページに英文が付されています。
◎詳細・ご注文は各商品写真をクリックしてご覧下さい◎

●京の絵本・10巻セット

●京の絵本<上村松篁装画特装ケース入り>10巻セット 定価21,600円(税込)
●京の絵本 10巻セット<上村松篁装画特装ケース入り> 本体18,000円+税
 
 
  <上村松篁装画特装ケース>

◆「京の絵本10巻セット」<上村松篁装画特装ケース入り>のご注文はこちら◆
●京の絵本<上村松篁装画特装ケース入り>10巻セット 
 定価21,600円(税込)
セット (半角数字で入力して下さい)
◆「京の絵本10巻セット」<ケース無し>のご注文はこちら◆
●京の絵本 10巻セット<ケース無し 
 税込19,440円(本体18,000円)
セット (半角数字で入力して下さい)

●京の絵本

●各巻 各巻 税込1944円(本体1800円)

●安寿と厨子王
●一休
●一寸法師
●牛若丸
●祇王・仏
●桐壺
●酒呑童子
●竹取物語
●ものくさ太郎
●羅生門

 総監修・梅原 猛(哲学者)
 ここに集められた十編の物語は、平安時代から室町時代にかけて成立したもので、すべて京都に因んだものばかりである。画家たちも、京都の日本画の伝統を継承する優れた画家たちで、これらの絵本は、一場面一場面を一枚の絵画として鑑賞できる「絵本画集」とでもいうべきものになった。この日本人の「心の遺産」ともいえる十作の古典が、現代の第一線の創作家たちによって見事に甦り、後世に伝えられることになったことが、なんとも慶ばしい。