『しっぽ』


しっぽ



文/C・W ニコル 絵/杉野 宣雄
●本体1333円+税
●発売予定 3月5日  ●B5判 32頁 ハードカバー
[ ISBN 4-86119-025-8 C0771 Y1333E]

動物のしっぽって不思議でおもしろい!!
押し花アーティスト杉野宣雄が、植物をつかい「押し花」「うつし染め」で動物を描きました。使われている花や野菜を想像できるように自然を愛するC・W ニコルが、親子で楽しめる文を書き二人の作家が共作の動物絵本をつくりました。

絵本の中で紹介した<植物・花・野菜>
キュウリ、プリムラ、タケノコ、クズ、イチゴの葉、コスモス、野イチゴの葉、ゼンマイ綿毛、シルバーツリー、ビオラ、ガーベラ、ダイコン、ツクシ、マッシュルーム、他22点
 
※品切れ重版未定

 作者からのメッセージ
C・W ニコルからのメッセージ
「杉野さんの作品は繊細な美しさとともに命のたくましさを感じさせます。この本を一緒に作ることが出来て本当に嬉しい。杉野さんには「アファンの森財団」の活動に協力して頂いており、このコラボレーションもその一つです。」

杉野宣雄からのメッセージ
「自然を愛するニコルさんに共感しており、植物を用いた「押し花」や「うつし染め」で動物たちを描きました。使われている花や野菜を想像しながら、親子で楽しんでください。」

※(財)C.W.ニコル・アファンの森財団は、C.W.ニコルより寄付されたアファンの森の土地その他を基本財産として設立されました。森林保全活動を通じ、自然の役割について広く国民に普及啓発し、自然共生型社会づくりに寄与することを目的としています。


 本文紹介

ネズミさん

ヤマドリさん



 著者紹介
文/C・W ニコル
1940年英国南ウェールズ生まれ。17歳でカナダに渡り、北極地域の野生生物調査を行う。80年から長野の黒姫に居を構えて作家活動を行う一方、環境問題に積極的に発言し続けてきた。主な著書に『風を見た少年』『勇魚』『盟約』『裸のダルシン』等。(財)C・Wニコル・アファンの森財団理事長。
【(財)C・Wニコル・アファンの森財団】 http://www.afannomori.com/
絵/杉野宣雄
1966年福岡県大牟田市生まれ。97年米国フィラデルフィアフラワーショーの押し花部門で金賞(翌年グランプリ)受賞。同年長野オリンピックの文化・芸術祭プログラム「世界押花デザイン展」を企画、運営。99年NHK教育テレビ「趣味悠々」、翌年同「おしゃれ工房」の講師を務める。英国ケンブリッジ大学植物園で個展を開催。現在、ふしぎな花倶楽部副会長、世界押花芸術協会会長。横浜市在住。
【杉野宣雄の押し花アート】 http://www.sugino-nobuo.com/


 C・Wニコルの著書
『アファンの森の物語』
『誇り高き日本人でいたい』
『鯨捕りよ、語れ!』
     
 
『ことばと自然』
絵本『クリスマスベア』